美しい地球を守る 地球再生計画
株式会社グローバルクリーン
美しい地球を守る 地球再生計画 美しい地球を守る 地球再生計画
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
健康コラム
玄米はフィチン酸で寿命を縮める
 玄米の胚芽の部分にミネラルがたくさん含んでいるのに何故ミネラル不足になるのか?という質問をよく受けます。それは玄米の胚芽や表皮にフィチン酸という強力な排泄作用を持つ物質が多くあり、毒素を出して病気を治していく作用がありますが同時にミネラルも出していく作用があるというのです。
体内毒素とミネラルは別々の所に存在しているのではなく、毒素とミネラルはいっしょに共存しているのです。玄米食で体内毒素を出す時にミネラルも出ていくようになってしまうのです。

毒素が出ていけば病気の症状は消えていき、玄米を食べたから病気が治ったと確信し、その後も長く続けていこうと考える方達が非常に多くおられます。
玄米を長く続けて体がおかしくなった人や短命になった方をたくさん見てきました。フィチン酸の排出作用はかなり強力なものです。だから病気の症状が消え、ガンさえ治ったりするのです。玄米にミネラルが多いから病気が治るのではないのです。玄米のアク、フィチン酸が体内毒素を引っ張り出すからです。

本来、玄米の胚芽の部分は次の新しい生命の芽を出すための栄養素として存在しているのです。胚芽がないと芽が出ません。小鳥などに種籾を食べ過ぎられないように強いアクを持っているのです。小鳥達は決して食べ過ぎません。アクの強さ、分量を本能的によく知っているからです。
雀がたくさん飛んできても稲を食べ尽くすことはありません。雀は害虫も食べてくれ、分を心得てお互いに共存しているのです。

雀は籾を何粒かしか食べないのに人間はアクの強い玄米を茶碗一杯二杯も食べるのです。玄米に含まれるフィチン酸は殆ど消化されず、体内の毒素とミネラルをたくさん引っ張り出していくようになります。病気の時には短期間で効果がでますが、せいぜい数ヶ月から半年くらいで中止するのが正しい食養法です。

甘い物を全く食べない玄米菜食に徹底している人や子供に虫歯になる人が多いのも玄米のフィチン酸のミネラル排出作用によってカルシウムも奪われるからでしょう。玄米、自然食の運動は病気治しを目的とした食養者達から始まりました。玄米、自然塩で短期間で病気が治ったのは事実です
がこれこそ正しい正食だと長い間ずっと続けさせたのが間違いであったのです。
玄米のアクの強さで短命になることまで気づかなかったのだと思います。

結論を申し上げますと,玄米より白米の方が人間の主食として適しているということです。5分づき米、8分づき米、胚芽米、発芽玄米、発酵玄米でもフィチン酸のアク作用で体内のミネラルを排出していくようになっていきます。元禄時代より白米にし始めたというのはアクを処理する先人の知恵だったのです。フィチン酸の塊のような胚芽そのものの粉末やそれを発酵させたものはもちろん、焼いたものなど玄米胚芽加工食品、発芽玄米など、フィチン酸の害がたくさん残っていますから食べないようにして下さい。

病気が治ったから、効果が著しくあったから健康に良い物と決め付けて自然の植物やエキスなどを毎日摂り続けるとそのアクの強力なミネラル排出作用で体が駄目になっていくことをよくよく理解していてほしいと思うのです。
お電話でのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら
Copyright(c) 2005 GLOBALCLEAN Co.,Ltd. All Rights Reserved.